前回 昨日  
■ やり易い人殺しするナァ!559209
■ 11月って!
本  文
 

 ■
12月になって寒くなって来ました。今更夏を惜しむのもナァ、とか思い、先日ラジオを聴いていましたら、DJさんがこう仰る。僕は「フーン!そんなものカァ。」と思ったのだけど、彼女が言うには「これは、あくまで私の妄想ですョ!」と、断りを入れておいて・・・

* さすがにドリカム辺りのビッグネームはカラオケバージョンが殆ど。ご容赦下さい。

 

「甘い愛の歌ばかりがFMから聞こえる・・・」と、こっぴどく振られて・・・

「すき」


「彼女はどうしてるの?今度はいつ会えるの?」と、不利な恋愛をして(立ち直りの速い奴メ!)

「LAT43°N ドリカム」




「決戦は金曜日」に運命を託し



「ウレし!恥ずかし!朝帰り。」となって、ゲットォ!・・・女って怖いね。


 イヤ妄想らしいですから。




            


                     



  

ウ  書 
懐 メロ 

 

全然関係無いけど、大原桜子でございます。

 エー、お寒うございます。実は11月は3本くらいvery shortな原稿らしきモノを早い段階から書けまして、しめしめコレでユックリできるわい!と、油断しておりましたら、下の部分がゼンゼン思い浮かばず、そのうち更新作業のメンドクサさも手伝って、とうとう11月は1本もUP出来ませんでした。ここにお詫び申し上げます。ゴメンなさ〜い!

 

■ 相撲問題

   怪我したらしい貴ノ岩関 

 また評判を落とした貴乃花親方

 横綱日馬富士の引退。僕は多少ひいきな気持ちも有るけど、この方が気の毒で仕方が無い。この方にココまでやらすのなら、あのかつての名横綱“貴乃花親方”も、部屋取り潰し・本人国外追放くらいあっても好いのではないか?考えてゴラン!日馬富士関はあの年で積み上げてきたモノを全て失い、外国(つまり日本)の地で路頭に迷う訳よ、チョット、大げさだけど。方やヌクヌクと由緒ある相撲部屋の親方ですョ。相手の貴乃岩も親方の背中に隠れて、一切出て来ない。

 もともとこの貴乃花という方、相撲協会と折り合い悪く、よく揉める。今回の事も貴乃花親方が、協会の頭越しに、しかも事件の有った月の翌月になって、直接警察に訴えた。なんだか変! フツーこんな事しますゥ?しかも貴乃岩当人から事件から2ヶ月経った今も、コメントが一言も有りません。貴乃花親方からもです。マァ、ケンカだから、どちらをドウとは言いません、見方もイロイロでしょうし。が、かつての名横綱 貴乃花関に似合わない、美しくない相撲ですね。

 それで日馬富士関は横綱を辞める?本当に訳の解らん事件です。ただこれは疑問として、ビール瓶やカラオケのリモコンで殴ったなら、その破片はどこへ?そしてコレは心配として、貴乃岩関、今後出て来ても、どんな顔して相撲を取るのか?相手力士は容赦しないと思う、特にモンゴルの方は。

それにこの事件、モンゴルと日本の外交問題にも繋がって行く。「日本の相撲で横綱になってもあの仕打ちだ。日本も大した事無いナァ、いろんな意味で。」−−−こうしてジャパニーズ サクセス ストーリーは、失われて行く。

 

■ クーデター

   

  失脚したムカベ大統領

 11月の半ば過ぎ、アフリカ ジンバブエでクーデターがあった。どうも聞いていると、この国(だけじゃなかろうが)国として体をなしていない。クーデターを受けた方の大統領、つまり”酋長”は御歳93歳。アフリカでは珍しい話しではないらしい。この国、国民の平均寿命が38才と極端に短い。これも残念ながらアフリカでは珍しい話しでは無いらしい。金持ちと普通の人達との、ひどい格差に思い至るが、他にも有った。

 数年前、アフリカのかなり有名な国で、バス待ちの女の子がミニスカートを、男達にいきなりむしり取られて、人前で半裸にさせられた。(宗教上の理由からミニスカートは禁じられていたらしいけど、白昼、若い女を衆人環視の中 半裸にするのは、非道いンじゃない?)

 ある国では家にドアが無いので、強姦事件が後を絶たないらしい。女達はベッドの下に“ナタ”を隠し持っているらしい。その先に有るものは望まぬ殺人だ。ウソか本当か解らないけど、本当ならヒドい!文化的にまた社会的に、どう折り合いを付けて行くのだろう?

 

 世界中から富をカキ集めて来た(ここ4〜500年は間違いなく、)、欧米・日本・中国・韓国など先進国と言われイイ気に成っている国々。今こそ出番です、ニューフロンティアはここに有る!人生100年時代とか言って、悩む必要など無いノダ!


BARにんじん亭では


「お晩でーす!」
アー、ヨー来てくれたな!」

「日馬富士の事件、ホンットに変ヤナ!」

「本当ですネェ、納得行きませんヨネ。」

「実際は、何があっタンヤローナァ?」

「ワケ解りませんネェ。ソコが相撲というモノでショーけど。

ナンかコレ白鵬関と貴乃花親方の争いにも見えるナァ。そう見ると貴乃花親方って本当にケンカ下手ヤナ。トドの詰まり、横綱 日馬富士関引退、貴乃花部屋安泰。シャンシャン!」


 

「ところで日ハムの 大谷 翔平 ポスティングの金額決まりましたネ。」

「オーッ、22億ヤテ!スゲーナ!契約金は別ヤロ。」

「みんなアメリカに行きたがる訳ですヮ。」

「こうしてアメリカは一流国の名を買う、相手の頬っぺた札束で引っぱたいて。−−−次は中国かな?」

「ジンバブエ チャイます?」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・ベリー・ベスト・オブ・パフィー [ Puffy ]
価格:3146円(税込、送料無料) (2017/12/3時点)


 




「そんなアホなー、それは無いヤロ、多分!・・・それヨカ今夜ナニ飲む?」

「バーボン!バーボンの水割り、比較的濃い奴。」

「そんならスタンダードにしとく?パフィーでもかけて、蟹とイソを思うか?」

「ソーしましょ!」

「三千世界の鴉を殺し、主と朝寝がしてみたい。・・・ダンチョネー!」

  高杉 晋作ナンだけドォ 女好きな方?

「違うって、それゴッチャになってる!ダイイチ、それパフィーとゼンゼン関係有りませんヤン!」

「ソーか。ソー言えばソーやな!」

と言う具合に、にんじん亭の夜は更けて行くのでありましたが・・・



BLOGには、本編と違ってyoutube等の記載がありません!文章も多少違う事があります。youtube等は本編をご覧下さい!

       
にんじん亭                 
   

























■ 君、金稼ごうぜ!






■ カサブランカの検索で出て来たチョット贅沢なイス!




 今日の ウ書! 本書は、広辞苑に準拠しています。・・・それからして、ウソ!!

■  29年度流行語大賞

 ハニートラップ・・・結婚。   当然多くを語りません。ヤバい事は避ける。・・・ナニかご意見でも?

□ 忖度(そんたく  ウチのFEPではこう出て来た。ヒョッとしたらウチのFEPは勉強不足かも知れない。)。今年は「忖度」=高級官僚=加計学園獣医学部新設=特区制度=無理スジ=霞ヶ関もしくは永田町=言い訳も上から目線 歌舞伎町、
と、こうなる。
「忖度も出来ネェ奴は、日本人じゃネェ!叩っ切ったル!」とか「空気読めよ!空―気―!」だとか。

ついでだが関西には「忖度」饅頭と言うのが有るらしい。どこで売っているのか知らんが、エーじゃない。

  


・・・29年度流行語大賞。何てったってウ書だからネ!・・・ナンだったらノーベル文学賞も予想しようか?

□ 彼女ーお茶でもしない?   キャのジョーお茶だけしない? の間違い。・・・でも「お茶だけカイ?」と、なる場合も有る事には有る。

□ 「今日も元気だ!チチがデカイ。」 コレは多少抵抗が有った。「オイちゃん、ソレ、言い過ぎ!言い過ぎ!」・・・「フーム。」

□ 萌え・・・燃え   当然コウである。チョット懐かしい。10年以上前の2ちゃん用語と記憶する。昔懐かしい『電車男』でも、使ってなかった?結構多用していた様に思うけど・・・。コレを普通に「萌え!」を使っている状況の方が、年寄りには怖ろしい!
 他にも「メンヘラ」ナンて有るけど、ドー言う意味、ソレ!


















 

 

 

 

 

 

 




 

大変申し訳ありませんが、下の各バナーから記事をお確かめ下さい。(がらくたGalleryはバナーはありませんが面白い。RSSと言う言い方は特権的でイヤらしいので、「れ!ササ」にしました。単なる趣味の問題です。) 
日本の新聞 海外紙 日本の週刊誌 面白ニュース(個人Blog含む。) れ!ササ(RSS)
がらくたGallery イザ!ニュース エンタメ
マイコミジャーナル
財経新聞
中国人が語る中国事情: [ALA!中国]
ゲームばっかしてないでたまには本でも読んだら、キリがないけどね!Amazonの本はすぐ来ますよ!
 
ジ ブ リ  
       
毎日の本棚      
       
  コラム

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン


1日あたり150円。




ミャンマー難民に送る古着募集

マンガコーナー

天 声人語   朝日 新聞
憂楽 帳 毎日新聞
編集手帳 読売新聞
産経抄 産経新聞

正しかるべき(べきであって単なる幻想に過ぎないのだが、)正義も時として(断っておくが殆どいつもである。)盲しいる事がある。
あなたの道徳観が仮に正しく修正され物事が斜めに見えず真っ直ぐに見えたり、付き合いが減っていっても、又何かに目覚めたりしても、
にんじん亭は一切関知しないからそのつもりで、今日も良き日を、・・・一応成功を祈る!


にんじん亭に掲載の記事・写真の無断転載を 禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
新聞各社の記事写真の著作権は当然各社に帰属します。各社の著作権規定にお従いください。・・・なんチャッテ。

 201712 水曜日